Home » Shunkashuto by SuzuharaRin
Shunkashuto SuzuharaRin

Shunkashuto

SuzuharaRin

Published March 19th 2015
ISBN :
Kindle Edition
42 pages
Enter the sum

 About the Book 

大学生四人組によって制作された短編集です。テーマは「春夏秋冬」で、それぞれの季節を題材にした作品四編から成り立っています。(春)『赤い一本桜』鈴原鈴「亜美ちゃん、本当に一人っ子なの…?」主人公である亜美はこの春に入学したばかりの大学一年生。ある日、友人四人組で歩いていると、兄弟の有無についての話になる。亜美はとっさに自分は一人っ子であると告げるが、友人の一人である清水は、それは本当なのかと質問を投げかけてくる。(夏)『記憶』爽燕「もしかして君、宇宙人ってやつ?」これは、More大学生四人組によって制作された短編集です。テーマは「春夏秋冬」で、それぞれの季節を題材にした作品四編から成り立っています。(春)『赤い一本桜』 鈴原 鈴「亜美ちゃん、本当に一人っ子なの…?」主人公である亜美はこの春に入学したばかりの大学一年生。ある日、友人四人組で歩いていると、兄弟の有無についての話になる。亜美はとっさに自分は一人っ子であると告げるが、友人の一人である清水は、それは本当なのかと質問を投げかけてくる。(夏)『記憶』 爽燕「もしかして君、宇宙人ってやつ?」これは、とあるおじさんが高校生のときに遭遇した不思議な女子高生の話。夏の暑い日、高校生時代のおじさんが一時間に一本しか来ない電車を待っていると、突然後ろから女子高生に声をかけられる。その女子高生は携帯電話を知らないなど、少し様子がおかしかった。(秋)『落ち言の葉』 藤井カスカ「お前は、あの子と一緒にいてあげてくれ」日々を漠然と過ごす大学生、純一が両親の運営するアパートを掃除していると、一台の軽トラックが敷地の前に止まった。トラックの中からは頬のこけた男と少女